とても現実的な問題として あなたが売ろうとしている商品は何ですか? 売る商品がある程度決まっていたら   この質問に答えてください 1.想定の粗利はどれぐらいですか? 定価から見たではありません。 実質の粗利です。   2.ライバルはどこですか? ライバルの販売価格 営業施策、広告方法など 調べてください。   3.ライバルとの違いは何ですか? ライバルより安いだけは禁句です。 それ以外でライバルとの違いを考えてください。 優れている、ではなく、違いです。   4.その違いはお客様にどんなメリットをもたらしますか? メリットは、頭をひねってでも、こじつけでも考えてください。   通販では実質粗利が50%はぜひ欲しいです。 よく考えてみましょう。1個売った時に手元に残るお金。 1個売って100円手元に残るだけだったら、一日30個売って3000円。 一日30個、受注メールを売って、梱包して 土日もなく働いて、10万円です。   ライバルとの違いはUSPと言う、自分独自のウリを考え時に必要です。   「あるある」、なのが売れている商品と同じ物を作ったとか、作れるとか。 初心者がその仕掛けではじめて、売れることは、まずあり得ません。   先行している会社は、プロ集団で、広告も、顧客対策も万全かも知れません。 まったく同じ商品だったら、振り向いてもくれないかも知れません。   だから聞きます   違いは何ですか?それはお客様のメリットになりますか?
(Visited 123 times, 1 visits today)